☆今までありがとう☆ 新ブログでまた、お会いしましょう。


by Sei_Campur
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

アユン川の子守唄 ~ Spa at Villa Semana (2) ~

皆様、すらまっ・まら~む!(^ー^)ノ

今日は疲れがたまっているのか・・・眠いっす。。
とにかく一眠りしまっす(爆)。

ε=(ノ‥)ノ ただいまっす!
ぐっすり眠っておりました(爆)。。早速いってみましょ♪

ウブド郊外、アユン渓谷沿いの隠れ家ホテル・ヴィラ
Villa Semana

今回、わたしたちがこちらのスパで受けたメニューは、
Devine Dreams (ディバイン・ドリームス)
という3時間パッケージ・メニューです。
※こちらのスパのロケーションは前回のレポを見てみて♪ください(^^)

パッケージ内容 :

  フットバス
⇒ クレンジング・ボティ・ウォッシュ
⇒ ボティ・スクラブ(コーヒーまたはコーンから選択) もしくは 
   バリニーズ・ボレ・ラップ
⇒ フラワー・バス
⇒ セマナ・マッサージ
⇒ リフレッシング・フェイシャル

予約は、ALANというアクティビティ・予約サイトで日本から事前に済ませておきました。ホテルのHPからももちろん予約はできますが、ALANからだと日本語で予約ができるので何かと安心かと思いますヨ。

到着するとにこやかなスパ・スタッフ三人が出迎えてくれました。見た目はベテランといえるであろう年代(わたしと同じくらいかしらん)で。。期待もふくらみます!わたしたちは2人なのに三人?と思っていたら・・ひとりはセラピストではないようです。おそらく、飲み物の準備やスパ用のスクラブや飲み物などを整えたりする担当ではないかと思いました。

こちらのスパは究極の一室のみ。
つまりすべて貸切状態となります♪ q(^-^q)(p^-^)p q(^-^q)(p^-^)p ♪
このロケーションをふたり、もしくはひとり占めできるのは、かなり付加価値が高いのではないでしょうか。
オープンエアーな二階建てのバレ・ブンゴン(東屋)スタイルです
(写真撮り忘れた・・・)。1Fは∥WC∥ヽ(.. ;))))と、調理室?のようなスペースに当てられガーデンにスクラブ用のベッド二台とシャワー、そして池に囲まれたバスタブがありました。e0073791_1356336.jpg
靴を脱いで階段をあがるとまずはこのスペースに案内されます。
この王様&女王様椅子に腰掛けてジンジャー・ティをいただきながらまずはフット・バスでリラックス。お花がいっぱいの足湯でのんびり本日のマテリアル(スクラブ&オイル)を選びます。せい旦(夫)はサッパリ系のスクラブ、わたしは身体を温めたくて迷わずボレを選択。そしてオイルは4種類の香り&目的の中から選ぶことができます。
e0073791_135649100.jpg階下の庭には、ベッドがふたつ並び、その間にアウトドア・シャワーが見えました。こちらでスクラブ(ボレ)を受けました。非常に開放的なスペースです(^^;;
左上、木々の隙間から見えるのは、すぐ下に流れるアユン川です!
e0073791_1359240.jpgそしてフラワー・バスがすでにスタンバイされております!↑のベッドのすぐ隣です。ん?お花はしおれてしまわないのかしら・・と一抹の不安がよぎります(笑)。
e0073791_13583989.jpgそしてこちらが二階にあるマッサージ用のキングサイズ・ベッド♪当日は気持ちよく晴れていたので、ここでの施術はとても気持ちよさそうです!









フットバスでまったりした後は黒の紙パンツに着替えます(^^;;。
上半身マッパになりながら階段を降り、お庭のベッドに横になり、ボディ・ウォッシュです。
これが弱めのマッサージといった感じで、とてもリラックスできました。

次はスクラブ。
こちらのパッケージではマッサージが後になっていて、わたし自身マッサージ後→スクラブの経験しかなかったもので。。。
最初はどうなのかな?と気がかりでしたが、心配は無用に終わりました(笑)。
ボディ・ウォッシュで身体も少しほぐれているところにペーストが塗られていきます。
わたしが受けたボレはかなり濃い?のか身体がすぐにポカポカしてきました。
アユン川のせせらぎが子守唄となり。。うとうとと夢の世界に誘われました。

しばらくスクラブ(ボレ)を浸透させた後、いったん身体を流します。
ふたりとも外でマッパで水浴び。。子供の頃に帰ったような?微妙な状況です(; ̄ー ̄A 。。
(笑)
スクラブ(ボレ)を落とした後は、至福のフラワー・バス・タイムです。
※お見苦しい点があるかもしれません!?がよろしくです<(_ _)>※


e0073791_1952810.jpgこのバスタブがもっとも川に近い位置にあり、いわばバリの渓谷露天風呂(笑)といった様相です。
心配だったお花はぬるめのお湯だったらしく、ピンとしてましたヨ。足し湯ができるのでちょこっとお湯を足しつつここでのんびり。あまりに気持ちが良いのでセラピストの方にお願いして二階からカメラを持ってきてもらって激写(爆)
e0073791_19473225.jpg普段ムスっとしているせい旦(スパ苦手。。)も、このときばかりはこのロケーションに酔いしれてか、こぼれんばかりの笑み全開でしたわ♪彼がこんなに笑顔になっていたのにはもうひとつ、理由がありました。それは・・・


e0073791_1958789.jpgこのフラワー渓谷露天風呂の途中、な~んと!予想だにしていなかった軽食が運ばれてきました!!(⌒▽⌒;) そういえば少し前からイイ匂いがしてたっけ。。照り焼き風チキン・ソテーとカナッペ。ドリンクはキャロット・ジュースでした。大自然に包まれていただくお食事は最高です!お味も濃すぎずとてもおいしかった~☆ 思い出したらまた食べたくなってきた。。


およそ30分(それ以上??)露天でまったりしていると、お呼びがかかり、NEW紙パンツにはきかえ(笑)バレの二階に上がります。いよいよマッサージ・タイム。
このパッケージに含まれるセマナ・マッサージは、日本の指圧やスェディッシュなどもとり混ぜたオリジナルなマッサージと聞いていたので期待も高まります。
強すぎず、弱すぎず・・・ちょうどいい加減ですっかりふやけきったわたしの身体は優しくもみほされていきます。。最初にスクラブ系を行い身体をほぐしてからのほうが、オイルが浸透しやすいと聞いたことがありますが、それを体感できたような気がしました。途中、力の加減もちゃんと確認されました。川のせせらぎも程よく耳に届き、いつのまにか爆睡(^^;;。。

気が付けば、隣の夫もすーすー眠っておりました(笑)。
スパが苦手な彼ですが、今回はバッチリ当たりだったようです(⌒~⌒)!

続いてはフェイシャル。これも肌に吸い付くようなテクニックで・・出発前に硬く固まっていたわたしの顔の皮膚も少しずつやわらかくなっていくようです。そして、再び夢の中へ墜ちていきました(笑)。

気が付けば終了。。。なので後半は詳しいレポになってませんね(; ̄ー ̄A 。。

セラピストさんたちは英語が通じるし、簡単な日本語で呼びかけてくれました。
言葉がわからない夫も安心して素敵な夢を見ることができたようです(⌒~⌒)。
こちらのスパはウブドエリア内の無料送迎がつくほか、終了後にプールの利用もできるようです(ホテルHPに記載されています)。
わたしたちは水着を用意していたものの、慌ててそのバッグを忘れてきたので残念ながらプールは入れなかったのですが。。(終了時はすでに夕方で少し肌寒かったし。。←負け惜しみ。)。

代わりに?ちょこっと空いているお部屋を見せてもらうことにしました。
その様子はまた次回でお届けしますネ!お楽しみに~(⌒ー⌒)ノ~~~
[PR]
by Sei_Campur | 2006-09-06 19:14 | BALI Aug.2006