☆今までありがとう☆ 新ブログでまた、お会いしましょう。


by Sei_Campur
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Ohanami

先週末、岐阜県各務原市の桜の名所【新境川(しんさかいがわ)】へ出かけました。

e0073791_9291940.jpg
土手にはお弁当を広げる家族連れやカップルたち。みんな思い思いに過ごしていました。


(ん?昨年のお花見の構図になんだか似てます!?)
というわけで(笑)昨年の愛知県岩倉市【五条川】の記事へセルフTB。比較してみるとおもしろいかも?です(^^;;
新境川のほうが川幅が広く雄大な景色です。山もすぐ近くに見えるからかな(笑)。

e0073791_9422418.jpg
お昼前&屋台などでにぎわっている場所から少し外れたところを狙って行ったせいか?まだ混雑はしていなく、のんびりと橋の上から延々と続く桜並木を楽しむことができました。
この橋の上で素敵な出会いがありました。
今年米寿(なんと。・・・88歳!!)を迎えるライダーオトーサンと遭遇!写真を撮りあったり、旅のお話をうかがったりして楽しい時間をすごさせていただきました。オトーサン、いつまでもお元気でよい旅を!(⌒~⌒)

e0073791_9471296.jpg
桜吹雪・乱舞!この写真でわかるかな。。ちょうど満開(やや散り始め)で最後のお花見サンデーとなりました。

出産前のお出かけは待ち歩きや買い物以外では、おそらくこれが最後になりそうです。
短い時間でしたが、夫婦揃って久々のお出かけで、良い思い出を作ることができました(*^^*)。

そろそろ、里帰りしなくては。(ご挨拶は別スレでいたしますね)(^-^)
[PR]
by Sei_Campur | 2007-04-10 09:30 | Life
皆様、すらまっ・まらーむ!!
ちょいと今夜はヤケ気味です(爆)。
久しぶりの更新になってしまいました。お察しのとおり(?)日本シリーズのおかげです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


日本一おめでとう!!!


オメットネコパンチ 0( =^・_・^)=〇 <ぴこっ
ちくしょーーーーーーーーー!!!(ヤケ笑)
全国10,000,000人のドラゴンズ・ファンの皆様。。残念でした!!!
今回も「パ」にやられました。。でも個人的には悔しいけれど新庄のファンです!!
満身創痍の身体で彼は常に笑顔でプレーを続けました・・・。
プロの中のプロ。
「よく頑張りましたで賞」をさしあげまっす!!(半ばヤケ)

ささ、元気出してo(;△;)o。。。本題に入りましょう。
前回の【お散歩】の続きです(^^)。

結局来た道を戻りモンキー・フォレストを南に抜けた地点に戻ったわたしは
お猿さまの軍団をかきわけて(?)未知なる『ニュー・クニン村』を一路目指し歩き続けます。。

e0073791_2048169.jpg道を抜けた突き当たりには柵で囲まれた一帯がありました。。中をのぞいてみると!!
e0073791_20482862.jpgなんとそこには鹿たちがたわむれていたのでした。。まさか食用??(謎)。
e0073791_2052965.jpg鹿の生息地(笑)を抜け。。しばらく歩くと左手に開放的なレストランがありました。モンフォレ通りにある有名なレストラン、<カフェ・ワヤン>の姉妹店、“Laka Leke”です。
e0073791_20525489.jpg看板には毎週月曜日にこちらで開催されているケチャ・ダンスの案内が。写真を見る限りでは結構本格的。。こちらは木曜日にも別のダンスがあるそうで、当日はなんと木曜日!これはホテルに帰ったら早速問い合わせてみなければ~。
e0073791_2057282.jpg一本道がゆるやかに続きます。たまにバイクが通り過ぎるだけで歩いているのはわたしだけ。
朝の緩やかな日差しがあたりを照らし、すがすがしい空気を感じながらてくてくと歩み続けます。。この日の朝もかなり涼しいウブドですが、わたしの額(ひたい)にはすでに汗がぐっしょりとにじんでいます(笑)。
e0073791_2122619.jpgsapi(うし)さんたちもわたしに微笑んでくれているような(笑)。彼らの応援を受けて?さらに進みます。
e0073791_2132989.jpg右手におおきな大きな、バニヤン・ツリーが見えてきました。。雰囲気的にもしかして、ここから先は違うバンジャールになるのかな??と感じましたが正確にはわかりません(-_-;)。
e0073791_2163095.jpgニワトリさんたちが道を占拠しています。。なんとものどかな村の風景です。。途中、村人らしきおばあさんとすれ違いざまにいぶかしげな視線を投げられました(笑)。。こんなところ歩いている旅行者は、とても珍しい・・・というか、滅多にいないのでしょうか。。(; ̄ー ̄A
e0073791_2110283.jpgここはお寺??Cultureなんたら・・と英語の表記があったような気がしましたが結局よくわからないままどんどん進む。。。


More
[PR]
by Sei_Campur | 2006-10-26 22:03 | BALI Aug.2006
皆様、すらまっ・しあ~ん!(^ー^)ノ
今日は珍しく休みなので、頑張ってUPしていきたいと思います!
(実は明日からの日本シリーズが気になって落ち着きません。。がバリの旅がまだ途中じゃ!)

ディープな一日を過ごした翌日、結構疲れていたはずなのに、ウブドの朝は早い。
6時には起きてテラスでバリ・コピで一服。。した後、眠りこける夫を置き去りにし(笑)
今日も朝ごはん前のJalan Jalan へ出発!!

e0073791_10143189.jpg前回の夫と一緒のじゃらんじゃらんでは間違えて南に行ってしまったので。。今度は間違えないようにテガル・サリを出て「左」に行きます(笑)。。 当日はインドネシア独立記念日。Jalan Hanoman(ハヌマン通り)のお店の前も国旗の飾りつけがされていていつもと違った雰囲気でした。
日本と同じ「紅白」の国旗なのに、デザインが違うと本当に新鮮です。
現在はあまり見られなくなった昔の日本の風景のような。。
他民族国家のインドネシア、その中でもいわば異彩を放つ文化・宗教、複雑な歴史を持つ「バリ島」でかいまみた風景。人々の素朴な愛国心のあらわれなのでしょうか。。


e0073791_10203133.jpgてくてく歩くこと10分ちょっとでモンキー・フォレストに到着。入り口の手前に公道?がある。。ここからときどきバイクがやってきては大通りに走っていきます。もしかして前回の旅で訪れたときとは違う道??ムクムクと好奇心がうずきだします(笑)。

e0073791_1025930.jpg奥に進んでいくと・・左手の崖下にはワイルドなリバーが流れております(^^;;。。
ときどきバイクが進行方向からやってくるので良いのですが、ひとりだとこの神秘的な雰囲気に呑まれてしまいそうです。。

e0073791_10272068.jpg森の外側の通路?のようなこの道を抜けると塀の前に建物が・・。バイクは次々と右折していきます。
右に行くしかないのかな?と思ったら。。。


More
[PR]
by Sei_Campur | 2006-10-20 09:53 | BALI Aug.2006
皆様、すらまっ・ソレ!(^ー^)ノ またまた久々の更新となってしまいました。。
いつもバリ旅レポを楽しみに待っていてくださる皆様には申し訳ないです<(_ _)>

さて三連休も最終日ですね。
とはいっても、我が家は平日(わたしは休みですが)なので。。
またまた一人を満喫しております(笑)。

昨日8日(「入れ歯の日」!爆)は、我が中日ドラゴンズのデイ・ゲームと最後のスズカ(涙)&皇帝M.シューマッハの日本でのファイナル・ランとの放映時間がバッチリ重なってしまい。。。迷ったあげくスズカF1(日本グランプリ)を見ていました(-_-;)。。
しかしMSCの痛恨のエンジン・トラブルでのリタイア。。とぼとぼとピットへ向かって歩いて行く皇帝の姿はあまりに痛々しくて。辛かった。。
それをよそに優勝したアロンソのあまりにも嬉々とした幼稚ともいえるパフォーマンスはね~。。若いラテン系(スパニッシュ)だから~わかるんだけど~。
個人的に彼があんまり好きじゃないのも手伝って(苦笑)複雑な気持ちでした。。
世代交代の波をいやでも感じずにはいられないそんなゲームでした。
いまさら言うまでもないことですが・・
・・・勝負の世界とは、時の運をも味方にしなければ勝利を勝ち取れない、非道な世界なのです。・・・

ああ。。またスポーツネタに走ってしまいました(^^;;
本題に入りましょう。。。。。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ティルタ・エンプルを後にした私たちは、夜のオダランまでまだかなり時間があるので
ガイドさんの勧めで
ウブドのパワー・スポットでアフタヌーン・ティーをしよう。
ということになり、ウブドの街へ向けて車を走らせていきます。

e0073791_1662949.jpge0073791_1664524.jpg
ウブド中心部に入る手前で、行きとは違う場所でどうやらオダラン??がある模様。。垂れ幕(写真右)には"Pura Puseling Jagat"と書いてある。。
もしやここは事前にA●A?のサイトで紹介されていた、30年に一度のオダラン会場なのか??。。。
気になってガイドさんに聞いてみると、彼は車を止めて近くを歩いていたご婦人になにやら尋ねています。。
『このお寺でも今夜大きなオダランがあります。こちらにしましょうか?』
ふたつ返事でOK(とにかく初めてだし見られるチャンスがあればどこでもいいと思った)を出し、今夜はこちらのお寺を訪れることになりました。

さて、ウブド中心部へ入り、Jl.Monkey Forestを北上しているとサッカー場の手前あたりからノロノロに。。e0073791_1616538.jpgそう、この日は
インドネシア独立記念日
の前日、でありさらに
Ubud Festival
もクライマックスという日なのでした。
~出発前は興味深深だったこのフェスティバルですが、わたしたちが訪れた8月中旬、会期の後半はスポーツ・イベントばかりで楽しみにしていた舞踊関係のイベントは無く結局一度も訪れることはありませんでした~
そしてJl.Raya Ubudに入るといつもはしていない場所で一方通行規制が。しかももの凄い渋滞で歩いたほうが早いくらい(笑)。これはガイドさんも予測していなかったらしく仕方なく流れに身を任せることに。。サッカー場からジャラン・ラヤ・ウブドを西へ抜けるのになんと小一時間近くかかってしまいました(-_-;)。

この時は正直、もうパワー・スポットはどうでもいい(失礼)・・というくらい疲労困憊していたのですが(笑)せっかくここまできたのです。車はチャンプアン橋を通り過ぎJl.Campuhanへ。
恥ずかしながらこの通りははじめて通ることもあり。。
あっ!「モザイク」(←この地域の有名高級レストランです)の看板や~!
おお!ここがネカ美術館なんや~!
とひとり心の中で叫んで興奮しておりました(爆)。

車はビンタン・スーパーを通りすぎしばらく北へ進んだ場所で左折しました。
そこは、チャンプアン地区の、ある有名な老舗ホテルでした。
よく言えばクラシカルな。。エントランスを通り過ぎ、薄暗い通路をどんどん進んでいくと
左側に絶景が。。でもここではあえて横目で見ないようにして(笑)さらに奥のホールへ。。

もう、おわかりの方も多いかな?
[PR]
by Sei_Campur | 2006-10-09 17:05 | BALI Aug.2006
前回バリアン邸でのスピリチュアル体験を終えたあと、わたしたちは
ティルタ・エンプル
へ向かいます(前回訪れたときの様子はコチラで詳しく載せています)。

今回は午後の訪問となり、ツーリストの数も半端ではありません。。
すごい人です。。なんだか落ち着かないなあ。。
(ガイドさんが午前中の訪問をしきりに勧めていたのもわかる気がする。。)

e0073791_21203247.jpgでも、せっかくなので沐浴場の前で記念撮影です(; ̄ー ̄A 。。
この日も地元の方がたくさん沐浴されていました。わたしは前回、【次回こそ、ここでマンデイするぞ】とひそかに誓っていたのですが。。うすら寒かったこの日、ここで風邪をひいてはたまりません。。泣く泣く今回もパスです。いつの日かこの願いは叶うのでしょうか・・。

e0073791_2125911.jpg
何度見ても神秘的な沐浴場です・・・。しかし周囲にはギャラリーがたくさんです。。まあ、わたしたちもそうか。(-_-;)。この右となりのお清め場(身体ごとマンディでなく、手足をすすぐ場所)で前回同様、手足をお清めした後、奥へ進みます。やっぱりここでお清めすると気分がすがすがしい。凝り固まった心と身体が解きほぐされて緩んでいくのがわかります。。

そして聖なる泉へ。
[PR]
by Sei_Campur | 2006-10-01 21:09 | BALI Aug.2006
さてさて前回の続きです。

オダランが行われているペンジョールの町を通り抜け車を走らせることおよそ30分ほどで
最初の目的地、絶景ポイントへやってまいりました。

e0073791_1231088.jpg

タダイマ。カエッテキタヨ。

はるかかなた(写真上部)に見えるのは、サヌール界隈の海です。
1月に訪れたときに見た、雨季の濃い緑が延々となだらかに広がる風景とは少し異なり
黄緑色の乾季特有の景色でした。やっぱり濃い緑を最初に見ているので一瞬とまどいは隠せないものの。。空気が乾いているので風が心地よく肌を刺します。何より、空が青い。

この場所は案内された人だけが知る、究極の秘密の場所かと今まで勝手に思い込んでおりましたが実はわたしの愛読書のひとつである
新・好きになっちゃったバリ
下川 裕治 ・著



に、少しだけ紹介されていたのでした(^▽^;)
もしもこの場所に興味がある方はこちらの本のどこかにちょろっとだけ載っていますので、よろしければチェックしてみてくださいね♪

e0073791_1210177.jpg
ズーム・イン。
椰子の木々が茂る山々の陰に点々と、民家が見えます。
棚田を一生懸命手作業で耕し続けている農夫一家のものだろうか。。。


風に吹かれて・・。
[PR]
by Sei_Campur | 2006-09-24 11:50 | BALI Aug.2006
皆様 すらまっ・まら~む!(^ー^)ノ
今回のウブドの旅もようやく4日目。8月16日に入りました(^^;;
2Fのお部屋に移った翌朝は思わず自然に早起きしていました。
e0073791_2058866.jpg

空気がうまい!

珍しく、せい旦(夫)も7時前に起きてきました。。
これはわたしたちに朝食前の散歩をしろ!という指令がくだされたのね(笑)
ということでふたり揃っててくてくと歩きだしました。
目指すは・・・モンキー・フォレスト方面(行けるとこまで)です。

e0073791_2058372.jpge0073791_2151628.jpg
(・・。)ん?なんだか景色が違うような・・そうです。わたしはホテルを出て北へ向かうところを誤って「南」に歩きだしていたのでした。
e0073791_215358.jpge0073791_2161094.jpg
まあ、いいか(笑)、と気にせずてくてく進んでいきます。

まだまだ歩いていきます。
[PR]
by Sei_Campur | 2006-09-20 00:04 | BALI Aug.2006
皆様、すらまっ・まら~む!(^ー^)ノ

やっと週末ですネ♪♪
最近、仕事中心生活を送っていることもあり、またまた仕事ネタで始まりますが。

先日、仕事関連の資格試験に合格したばかりなのですが
実は11月に次のランクの試験を受けることになりました。
。。。(涙)。

しばらく仕事に集中しようかと思っていたのですが
周囲は【当然、受けるよね!?】といった雰囲気で・・・逃げるに逃げられず(; ̄ー ̄A 。。
いったん踏み込んだ世界のペースからは逃れられないといったことでしょうか(笑)。
ほどほどにがんばりまっす。

さて今晩も夢の世界へご一緒しましょう。.:♪*:・'(*⌒―⌒*)
前回、
Spa at Villa Semana
で極上気分を味わったわたしたち。
本当は敷地内&プールでのんびりしたかったのですが時間を見るとすでに夕方の5時近く。
今夜はウブド郊外へダンスを見に行く予定(注:のちにオチあり。。)なので、あんまりのんびりもしてられないな(しかも水着忘れたし(泣))。。と一瞬思ったけれど。
そうだ!ホテル見学していこう♪と、躊躇するせい旦(夫)を横目にホテル・スタッフにたずねてみると快く案内してくれました(^_-)v!

e0073791_19505055.jpgバリ関連書籍などでおなじみ(?)。メイン・プール。ビジターも、ここでくつろぐことも出来ます。もちろんアユン・リバー・ビューです。この上にかわいらしいレストランがありました。

e0073791_19592728.jpgまずはこちらのお部屋。Pool Deluxe 1-bedroom Villa B
(river view)のalamandaです。平屋のヴィラでこじんまりとした感じがGOODです。カップルなら広すぎずにちょうど良いのでは?(^^;; このかわいらしいベッドがたまりません。
river view とHPにはうたってあったのですが、私たちが訪れたときは草木が元気に茂っていてアユン川は隙間からしか見えなかったなあ(^▽^;
e0073791_1959289.jpgこちらはalamandaのお部屋のプライヴェート・プールです。写真ではわかりませんが、かなり大きい!クロールできそうです。


まだまだ続きます!
[PR]
by Sei_Campur | 2006-09-08 19:55 | BALI Aug.2006
皆様、すらまっ・まら~む!(^ー^)ノ

今日は疲れがたまっているのか・・・眠いっす。。
とにかく一眠りしまっす(爆)。

ε=(ノ‥)ノ ただいまっす!
ぐっすり眠っておりました(爆)。。早速いってみましょ♪

ウブド郊外、アユン渓谷沿いの隠れ家ホテル・ヴィラ
Villa Semana

今回、わたしたちがこちらのスパで受けたメニューは、
Devine Dreams (ディバイン・ドリームス)
という3時間パッケージ・メニューです。
※こちらのスパのロケーションは前回のレポを見てみて♪ください(^^)

パッケージ内容 :

  フットバス
⇒ クレンジング・ボティ・ウォッシュ
⇒ ボティ・スクラブ(コーヒーまたはコーンから選択) もしくは 
   バリニーズ・ボレ・ラップ
⇒ フラワー・バス
⇒ セマナ・マッサージ
⇒ リフレッシング・フェイシャル

予約は、ALANというアクティビティ・予約サイトで日本から事前に済ませておきました。ホテルのHPからももちろん予約はできますが、ALANからだと日本語で予約ができるので何かと安心かと思いますヨ。

到着するとにこやかなスパ・スタッフ三人が出迎えてくれました。見た目はベテランといえるであろう年代(わたしと同じくらいかしらん)で。。期待もふくらみます!わたしたちは2人なのに三人?と思っていたら・・ひとりはセラピストではないようです。おそらく、飲み物の準備やスパ用のスクラブや飲み物などを整えたりする担当ではないかと思いました。

こちらのスパは究極の一室のみ。
つまりすべて貸切状態となります♪ q(^-^q)(p^-^)p q(^-^q)(p^-^)p ♪
このロケーションをふたり、もしくはひとり占めできるのは、かなり付加価値が高いのではないでしょうか。
オープンエアーな二階建てのバレ・ブンゴン(東屋)スタイルです
(写真撮り忘れた・・・)。1Fは∥WC∥ヽ(.. ;))))と、調理室?のようなスペースに当てられガーデンにスクラブ用のベッド二台とシャワー、そして池に囲まれたバスタブがありました。e0073791_1356336.jpg
靴を脱いで階段をあがるとまずはこのスペースに案内されます。
この王様&女王様椅子に腰掛けてジンジャー・ティをいただきながらまずはフット・バスでリラックス。お花がいっぱいの足湯でのんびり本日のマテリアル(スクラブ&オイル)を選びます。せい旦(夫)はサッパリ系のスクラブ、わたしは身体を温めたくて迷わずボレを選択。そしてオイルは4種類の香り&目的の中から選ぶことができます。
e0073791_135649100.jpg階下の庭には、ベッドがふたつ並び、その間にアウトドア・シャワーが見えました。こちらでスクラブ(ボレ)を受けました。非常に開放的なスペースです(^^;;
左上、木々の隙間から見えるのは、すぐ下に流れるアユン川です!
e0073791_1359240.jpgそしてフラワー・バスがすでにスタンバイされております!↑のベッドのすぐ隣です。ん?お花はしおれてしまわないのかしら・・と一抹の不安がよぎります(笑)。
e0073791_13583989.jpgそしてこちらが二階にあるマッサージ用のキングサイズ・ベッド♪当日は気持ちよく晴れていたので、ここでの施術はとても気持ちよさそうです!





レポはこちらへ続きます♪
[PR]
by Sei_Campur | 2006-09-06 19:14 | BALI Aug.2006
皆様、すらまっ・マラ~む!(^ー^)ノ

前回のお話の後。
テガル・サリのレストランでランチをご一緒した、バリバリさんを後ろ髪ひかれながら見送って。。・・・いや、違う。。
バリバリさんをテガル・サリのレストランになぜか?ひとり残し・・・(ごめんよ)(; ̄ー ̄A
わたしたちはSPAのドライバーさんのもとへ急いだのでした~。

もの静かなドライバーさんとわたしたちを乗せた車は、ニュー・クニン界隈を抜け・・。
10分ほどで今回の旅の初SPAであり、最初で最後の(笑)ホテル・スパ、
Spa at Villa Semana ~スパ・アット・ヴィラ・セマナ~

に到着です!

う~ん。。本当はここは内緒にしておきたいくらい、まだあまり知られていないかもしれない
SPAかと思います。それゆえ、わたしの好奇心もくすぐり(^^;;。。。
存在は以前から知っていたものの、今回やっと想いを果たすことになりました。

こちらはホテル・ヴィラに併設のスパなので・・出迎えてくれた案内係の女性とともに
敷地へ足を踏み入れました。
周辺は静かな静かな村といった様相です。。
e0073791_2242646.jpg
わたしたちの目の前にはこんな素敵な風景が広がっていました。
ウブド中心部ではなかなか見られない、高低差のある棚田(ライス・テラス)です。
その向こうにはやさしく揺れる、椰子の木々たち。

e0073791_2292065.jpgなだらかな通路をゆっくりと進んでいきます。敷地内には草花が繁り、秘密の楽園?。。とても静かです。ウブド中心部の賑わいようがこちらでは嘘のように静まり返っていました(^^;;。
静寂のなか、これから向かうSPAへの期待がいやおうでも高まります。
通路はそれほど高低差は無いのでゆったりお散歩気分で進んでいきます。途中、いくつかのヴィラを横目で見つつ、かわいいプールもあとでチェックと。。とりあえず奥へ奥へ行きましょう。





ちょっとだけ続きます~(ココをクリック♪)
[PR]
by Sei_Campur | 2006-09-04 22:49 | BALI Aug.2006