☆今までありがとう☆ 新ブログでまた、お会いしましょう。


by Sei_Campur
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:芸術・文化 ( 4 ) タグの人気記事

ダリ展

昨年は東京、そして現在大阪で開催中の「ダリ展(東京では「ダリ回顧展」)」がついに!!名古屋でも開催される運びとなりましたヽ(^◇^*)/
詳しくはコチラ
実は大阪の開催時期は自分の体調のこともあり鑑賞は無理だと思っていたので、昨年秋にわざわざ東京展のチケットを入手していたのですが、休暇の関係で東京まで足を運ぶことはかなわず(涙)。チケットはただの紙となってしまっていたのでした。。

中学校の美術のテキストの中にあった一枚の絵『記憶の固執(柔らかい時計)1931年』、それがわたしとサルバドール・ダリとの出会いでした。
(この絵はあまり絵画に関心の無い方でも、この作品は一度は目にしたことがあるかと思います。いわゆる「ゆがんだ時計」の絵です。)
こんな絵は見たことがない、というのが第一印象でした。

実際に目に映る画像ではなく、頭の奥底にかすかにフラッシュバックするぼんやりとした輪郭の構図の絵。

多感だった少女時代にもっとも影響を受けたひとつが彼の作品です。その後、ニューヨークの近代美術館(MOMA)を訪れた際に本物を見ることができ、ひどく感激したことがついこの前のことのようです(^-^)。。

e0073791_19321352.jpgもう15年ほど前になりますが、名古屋の某百貨店で開催された『ダリ展』では絵画以外の作品(銅像など)も展示されていて、それ以来の鑑賞のチャンスがめぐってきました。
左は当時の展示会で購入した輸入版の図録。これを見て予習してから出かけてみたいと思います。
[PR]
by Sei_Campur | 2007-03-29 19:34 | Life
皆様スラマッ・まら~む!(^ー^)ノ
またまた久々の登場です。。。もう2月になってるし。。(-_-;)
カメブログは相変わらずですが、あと少し!がんばって更新していきますネ♪♪

前回、ハラハラしながらアートな夕暮れを堪能したワタシ。
横腹を気にしつつホテルに帰ると。。。。o∥WC∥ ヾ(-- ;)(.. ;))))。。。の嵐が待っていた!!(お食事中の皆様大変失礼いたしました。。)

夜の舞踊公演まであと1時間ちょい。。
なんとかハラの調子が落ち着いたのでホテルレストランにて夕食をとることに。
やめときゃいいのになぜか?カレーが食べたくて結局完・食。。。(^^;;

予定通り公演会場へ。。
果たしてわたしのハラは持ってくれるのだろうか。。。

一抹の不安を抱えながらも到着した先。
今夜の公演は、ウブド中心部にあるレストラン

カフェ・ロータス
に隣接した広場(?)で行われる

Baron and Children Dance 
です。

e0073791_1794655.jpg
ボケボケですが。。。ステージを背にして、花道?を撮影したところ。
写真右手の灯りがたくさんともっている場所がレストラン席。
間近というわけにはいきませんが、ここで食事をとりながら観劇することができます(^^)。

e0073791_1712324.jpgはじめは。。。
レゴン・トランス

そんなにボーっとした様子には見えなかったのですが、それなりに雰囲気でていました。

e0073791_17152258.jpg
e0073791_17165279.jpg

e0073791_17161241.jpgふたりとも小学校高学年くらいでしょうか。。。?将来どんなダンサーに成長するのでしょう(^^)。。。
お次は!!待ってました~!e0073791_17343785.jpg
クビャール・ドゥドゥック
です♪。演者はなんとも小さな男の子。。。。どこから見ても?小学校低学年くらいにしか見えません!?
e0073791_17353578.jpge0073791_1736759.jpg

e0073791_17385718.jpg
幼い男の子ですが・・・・すンごいメヂカラです(・・;)!!日本の歌舞伎役者も顔負け。。なほどのお色気です(^^;;
e0073791_17392923.jpg
e0073791_17401692.jpg
お客さんたちの反応も最高潮!!!彼が登場してから徐々に盛り上がりを見せたステージに引き寄せられるように、隣接するレストラン席からわざわざチケットを買って、かぶりつき席(笑)においでになるお客が続出でした。
ノリノリ♪♪
e0073791_17403533.jpg
未来のデワ・ニョマン?を彷彿させるオトコの色気ムンムン坊やでした(; ̄ー ̄A 。。。

MORE
[PR]
by Sei_Campur | 2007-02-03 16:48 | BALI Aug.2006
皆様 すらまっ・しアーン!(^^)ノ またまたご無沙汰してました<(_ _)>。
今の気分でポップなものにスキンを変えてみました。いつものようにたぶん期間限定です(笑)。

近況をつづっていたのですが、あまりにもつまらん話ばかりで(爆)いま全部消しました(笑)。
楽しい話ができるまでしばらく封印です。
(実は年末あたりから大きな壁にブチ当たっているのですがいつか風穴開けてみせます~(笑))

さて、わたしのウブドの旅もいよいよ・・いや、やっとクライマックスです。

ネイルケアを終えてホテルに戻ると夫(せい旦)はやっぱりプールにおりました(笑)。
夫を引き上げ、しばらく部屋で休憩していると・・・突然、わたしのお腹はギュルギュルギュル・・・と悲鳴を上げ始めました。。

ま・・まさか・・・・。これがあの名高い(?)

バリっ腹

なのでしょうか!?

前日の【ディープなバリ文化ツアー】を含め・・・心当たりがありすぎてわからない(爆)。

でも、これまでわたしは過信していたのです。自分の胃腸を。

これまで四十年近く生きてきて、女性特有の定期的な痛みを除けば
お腹が痛い経験はほとんどなかったのだから。。
どんなに悩んだりストレスまみれになっても、我が鉄の胃腸は丈夫だった。。元気だった。

それだけにショックが大きい。。でもまだ夜の公演まで時間があるし。。

『近場でo(-"-;)o∥WC∥がある場所なら大丈夫』と自分の腹を過信し(←おバカ!!)
一緒に行くか?と(一応)せい旦に聞いてみるものの、『興味ナシ』と一蹴され(涙)
ひとり徒歩10分ほどの距離にある美術館
ARMA (アルマ)
へ向かう。

e0073791_1111524.jpg

緑が気持ちいいエントランス。


♪お散歩気分♪
[PR]
by Sei_Campur | 2007-01-20 10:42 | BALI Aug.2006
皆様 スラマッ・しあ~ん!(^ー^)ノ
バリ・ウブド編、再び再開です(笑)。
途中、【日本シリーズ】を挟むため・・・また野球ネタに走るかもしれませんが
長い目で暖かく見守っていただければ幸いです(笑)。

この日は朝からバリ文化にどっぷり浸かったわたしたち。
いよいよ夜を迎え、30年に一度といわれる大掛かりなオダランが行われるという
Pura Pusering Jagat (プセリン・ジャガッ寺院)
へと向かいます。
e0073791_18292351.jpg途中、プリアタン地区でまたもや大渋滞(-_-;)。。。ぜんぜん車が動きません。。
車窓から外を眺めると、子供たちがたいまつを手に次々と歩いていきます(写真ボケボケですんません)。ガイド氏にたずねると『明日、独立記念日なので前夜祭が行われるのでしょう』とのこと。なんだか神秘的な風景で渋滞のイライラも忘れて見入ってしまいました。。

e0073791_18341346.jpge0073791_18441863.jpg
ゴア・ガジャから車で5分ほどの距離にそのお寺はあります。ガムランの響きが聞こえてきました。。早速境内に入ってみましょう。


e0073791_9412368.jpgたくさんの人々がお祈りをするために集まっているようです。お寺の中心のかなり広いスペースに茣蓙(ゴザ)が敷かれていてざっと70~80人ほどは座れるようになっていました。

e0073791_940076.jpg一角にはガムラン隊が鎮座し一心に演奏を続けていました。
e0073791_9453810.jpgお祈りが終わったようです。次のグループと入れ替わるために続々と女性たちが退場。。男性たちは後に続きます(^^;;。。


ガムランの響き、人々の祈り。
[PR]
by Sei_Campur | 2006-10-15 09:55 | BALI Aug.2006