☆今までありがとう☆ 新ブログでまた、お会いしましょう。


by Sei_Campur
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Ubud Dance Nights(2)・ケチャ ~Taman Kaja~

皆様、すらマッ・まラーム(こんばんは)(^^)ノ
昨晩(18日)途中までつづった今回の記事ですが、力尽きてとうとう持ち越してしまいました。。というわけ?で、日付が昨日付けですが仕上げたのは19日夜です。ご了承くださいませ。
相変わらずのカメさん更新ですが、どうぞごゆりとおつきあいいただければ幸いです<(_ _)>

さて、旅の続きに戻りましょう。今宵は5日目の夜です。
芸術の村・ウブドの夜のお楽しみといえば、やはりダンス鑑賞です。
何度もバリを訪れている方にとっては、すでにたくさんの演目やグループを制覇されている方もたくさんいらっしゃるかとは思いますが、わたしは今回が初ウブドステイだったので・・・やはり毎晩足しげく会場に通ってしまいました(^^;;。

この日、特に見たいグループや演目が無かったので、宿泊先のホテルのフロントスタッフになにかオススメないですか~?とたずねてみたところ・・ここがいいよ!と言われたので早速車を出してもらい出かけてみました。開演は19:30からでしたが、ネイルケアから帰ってからちょっとのんびりしすぎた?のでご飯抜きで今宵は出陣!(笑)。

e0073791_2021329.jpgウブド王宮からJL.Raya Ubud(ラヤ・ウブド通り)を東にしばらく行き、Nomad(レストラン)を過ぎてすぐのT字路を左に曲がると、右手に会場が見えてきました。今夜の演目、
Kecak(ケチャ)
が行われる、Pura Dalem Taman Kaja(プラ・ダラム・タマン・カジャ寺院)です。手前の受付でチケット(Rp.50,000.-)を購入すると、このような立派な三つ折カラーパンフをもらえました。中を開けるとこの日の演目、ケチャの物語がびっしりと書かれています。ケチャは長い演目でストーリー性があると聞いていたので、開演前にしっかり目を通して予習、予習・・っと。このグループのケチャは、titiang(ふふ)さんのところでも紹介されていましたので、そちらもごらんになってみてくださいね!

e0073791_22324393.jpg
こちらの会場は屋外ステージで、舞台をコの字で囲むように客席がつくられていました。正面は、いすを横に並べてあるだけなのですが、左右の両端はひな段のように高くいすが積み上げてありました。最初わたしはこの向き、正面ど真ん中に陣取りカメラをスタンバっていました(笑)生まれて初めて見るケチャだけに気合入ってます(笑)。。当日、この会場は8割がたが欧米人客、あとはアジア系の小グループ、二人連れがちらほら。
漆黒の闇の中に浮かぶ開演前のステージ、厳かな空気すら漂っています。。

e0073791_2235323.jpge0073791_22355339.jpg焔(ほのお)がともされ、いよいよ男たちが登場です。。チャ、チャ、という声だけが、空に向かってこだまを続けています。。



e0073791_2243779.jpg
e0073791_22433137.jpg
e0073791_22451582.jpg
e0073791_22454881.jpg
e0073791_22461318.jpg
e0073791_22472827.jpg
e0073791_2248399.jpg
e0073791_22511813.jpg
e0073791_22513445.jpg

う~ん・・・今思い出しても鳥肌が立ちます。。。チャ、チャ、チャ、と続く男達の声と迫真の演技に圧倒されて、軽いトランス状態になった?素人カメラマン。。。
何を思ったのか、舞台向かって左手の高い位置に積んであるいす席にサっと移動。。
より高い位置からベスト・ショットを狙ってみましたが、あんまり上手に撮れてないかも↓。
実は、あまりに夢中にカメラを回しすぎて、ついにイスから転落(爆)!
近くにいた欧米人の方に思いっきり心配されちゃいまいた(-_-;)。。。が、幸いちょこっとすりむいてひざにアザつくっただけで済みましたので続行(笑)。
e0073791_2256948.jpg

終演後のごあいさつ。会場は拍手、拍手、"Bravo!"の嵐で大変な盛り上がりでした!


幾度かバリを訪れている方はすでにご存知だとは思いますが、「ケチャ」を見に行かれる際は、ご面倒でも開演前にストーリーを(会場でもらったパンフなどで)頭に入れておいてから見ることを強力にレコメンド(オススメ)します。
物語は登場人物が複雑に入り組んでいるのと、おそらくバリ語で演じられているのであらかじめ予習しておくのと、してないのでは満足度が変わってくるんじゃないかなあ・・と個人的には思ったりしました。
実は、開演直後にアジア系の小グループご一行が、足早に会場を後にしたのですね。。
おそらく、ちょっと見ただけでおもしろくなさそう・・と彼らは判断したのでしょうね。
なんてもったいないこと、、、。
何より、練習を重ねて一所懸命私たちを楽しませようとしてくださっている、演じ手の皆さんにとって大変、失礼な行為だと同じアジア人として・・とても残念に思いました。

e0073791_23133963.jpg実は、このケチャの後、”トランス・ダンス(サンヒャン・ジャラン)”が続けて行われたのですが。。。撮影しまくっていたためバッテリーがこの直後にとうとう切れてしまったのでした(涙)。写真中央左寄りに馬の形のハリボテにまたがっている男性が、ケチャ隊の合唱によりトランス状態になり椰子の殻につけられた火の輪の上を走り回る、というものです。こ・・・こちらも・・・もんのすごい迫力でした。。。!観客ほぼ全員、悲鳴を上げていましたもん(^^;;。。

この【タマン・カジャ村】のケチャ、毎週水曜日の午後7時30スタートです。パンフによると、村の成人男性のほとんどがこの演目に参加しているとか・・・!
機会があればぜひ一度ごらんになってみてください(^_^)。ウブド中心地なのでアクセスも便利ですよ~♪
Kecak and Trance Dance
every Wednesday
start: 7:30 pm
at: Pura Dalem Taman Kaja, Ubud
Tel: 970508

[PR]
by Sei_Campur | 2006-04-18 23:28 | Bali Jan.2006